顔の永久脱毛の注意点

投稿者: manami
5月 09 2017 年

顔に対して永久脱毛を受ける場合、他のパーツよりも注意が必要です。顔の皮膚はとても薄いので、ちょっとした刺激にも負けてしまいます。ですから皮膚への負担が大きい方法では、肌トラブルの原因になる恐れがあります。

顔の永久脱毛として最適なのは、フラッシュやIPL、プラズマといった特殊な光を用いた脱毛法です。これらは大体が似たような仕組みであり、ムダ毛の黒い光に反応する光を使って毛根にダメージを与えていきます。顔のムダ毛は色素が薄いのできちんと反応するのか心配だという人もいるかもしれませんが、新しいタイプの機器は反応が得られるようになっていますので大丈夫です。施術が可能な場合には施術を受けられるパーツとしてホームページなどに公開されていますので、そちらを参考にすると良いでしょう。施術可能と明記されている所は技術力においても信頼ができるとされているのですが、それはデリケートな部分に施術が行えるということは高い技術力がある証拠だと捉えられるからです。確かにリスクの大きいパーツですので、技術力が無ければ行えません。

方式が決まったら、施術を受けるまでに肌のコンディションを整えておきます。日焼けをすることは厳禁ですし、乾燥肌も改善しておかなければなりません。日焼けをしてしまうときちんとした反応が得られなくなる可能性がありますし、施術が受けられないケースもあります。また、肌中の水分が極端に減ると施術後の回復が遅れますので、元の状態に戻るまでに時間がかかってしまいます。
施術を受けた後も、皮膚の回復を促すためにケアを行わなければなりません。肌が熱を持っている場合には熱を鎮めるためのケアを優先させ、その後は保湿を徹底して行う必要があります。

次ページへ »

« 前ページへ

このエントリーのトラックバックURL